グルジ瞑想と妊婦さん。

私は少し早めのなかなかハードな生理期間に入り、

しばらく座って瞑想できませんでした。


生理期間が明けて、久しぶりに昨日座ってみたら

なんとも言えない軽さと

以前よりも力強くグラウンディングしているエネルギーを感じ

その日はそのまま2時間座ってしまいました。


私たち、忙しい、忙しいと言いながら(笑)

畑仕事をしては「あ、もう昼の瞑想の時間!」

食事の準備をして、事務仕事をしては「あ、もう夜の瞑想の時間!」

1日に何時間も瞑想の時間を取っていると

生活時間がタイトになってスケジュール的には忙しい。


結局、その中で1日に3時間も瞑想の時間を取っていることもある。

それはそれは、すごく不思議な感覚だった。


結果、どんなに忙しくても、心が荒むようなことはなく

あまりの仕事量にちょっとイライラしても

「もう少し丁寧にこの仕事をするにはどうしたらいいのだろう」

と、そのイライラからなんだかうまく先に進めて、

結果、優雅になってきている気がします。


グルジと一緒の瞑想は、ただ一緒に座るだけで

あっという間に、自分一人でする瞑想よりも深いところに連れて行ってくれます。


そしてただただ

自分が宇宙からエネルギーを受け取っていることを感じ

そして受け取ることはそのまんま与えることなんだと実感させてくれます。


「与えることと、受け取ることにはなんの違いもないのだ」

ということが、

毎日瞑想するようになって理解した一番のことかもしれません。


グルジと瞑想するようになって

すっごく地味なんだけれど、毎日、

自分自身の内側の心の垢みたいなものを洗い落とされていくのを感じています。

「今日の分の垢は今日落とす」そんな感じ。


毎日1時間の瞑想をするって、些細なことのようで私は一人では続けられない。

子どももいるし、やれない理由はいくらでも見つかっちゃう。

グルジと一緒、そして一緒に瞑想する仲間がいるから

やる口実ができて、こうして毎日続けられて、

そして変化を感じられています。


毎日1時間、アストラルボディ を眺める時間。

ただ黙って何も生み出さずに座る時間を持つって

本当に地味だけれど、

これを続けた3年とか10年を見通してみたら、すっごくパワフルなことだと思う。



妊婦さんも、授乳中のお母さんも

人を導く仕事や、日々、いいものを作ろうと頑張っている人

「the 与える立場」みたいな仕事をしている人ほど

「ただただ受け取って感じること」が

毎日の中にある日々をぜひスタートしてほしいなと思います。



ゆったりとした気持ちで、たっぷりと受け取る時間を作ると

そんなに頑張らなくても、もっと与えられるようになるんだなーって

こんな私でも気がつき始めました。


瞑想が受け取ることに繋がっている。

瞑想が与えることに繋がっている。


「受け取る」も「与える」も超えたところで、私たちは一つであること。

だから、ただ在るだけで私たちはギフトそのものなんだってこと。


そんなことわかっていても、

すっかり忘れてどっかに飛んで行ってしまう私のマインド、

というか魂、スピリットを

その領域と結びつけてくれているのがこの瞑想の時間です。


私にとって。


起こることは人それぞれ違うんだと思う。

そういえば、グルジもそう言っていました。

人それぞれ瞑想で起こることや、変化は違うんだそうです。

それぞれの魂や意識が違うから。


それぞれに必要なことだけが起こっていく。


11月から始めたい方

もしいたら是非どうぞ☆

1日でも早く始めるととってもいいと思います。


https://integral-yoga.amebaownd.com

0コメント

  • 1000 / 1000