yogic brandingが終わりました✨

沖縄での不思議な日々を過ごしながら、

夏のヨガコースひとつひとつ山場を迎え

そして終わって行っています。


なんだろう、この儚い感じ。

夢を見ているようなこの感じ。

今のおうちは期間限定の仮住まい。

だからこそ、短期間にぎゅっと思いの詰まったことをやってる。

その中でも一番熱かったyogic brandingのコース


「自分の魂と繋がって生きる」

自分の性質を見つめ、魂が望んでいることをクリアにしていく作業。


ヨガのその先へ!

という私のヨガコースの根底にあるテーマ。



オンラインのヨガコースが始まってから

結構長い時間を共有してきて、

なんとなくベースができた感覚があったからこそできたこと。


床板貼りのように、コツコツコツコツ。

一枚一枚丁寧に進んできたこと。


ヨガを通して自分や世界を見るようになって

そこから見えてきたあたらしい世界。

その中で自分の「仕事」について考えること。


ヨガコースからつながっていること。

ゆっくりじっくり着実に。


鮮やかでユニークな本当の世界の中で生きること。


伝わったかな?

みんなどうんなふうに受け止めてくれたかな?


私にとってもブランディングコースは初めてのチャレンジだから

ちょっとドキドキがあった。


授業の回数を重ねていくごとに

SNSでの発信の質が変わっていく参加者さんを見るごとに

ちょっと安心したりして。


コース終了後、返ってきたアンケートを見たら


・このコースを機に自分のやりたいことが明確になり移住を決めた人

・新しい事業を始めた人(開業届を出した人)

・プライベートでの問題がクリアになった人

・より自分の仕事が愛おしくなった人

・インナーチャイルドの癒しに向き合うこととなった人



パワフルなワークに戸惑いながらも、

ワークを通して確実に進んでいった人たちの言葉に感動した。




娑婆で生きている私たちにとってヨガを学び生きていくことは

聖者になるための修行ではなくて

ニュートラルな私と繋がるためのステップだ。


この世界に降り立って生きていく。


「私」で生きていく。


さまざまな出来事に翻弄されて、

ずれてしまったチューニングを宇宙軸に戻していく。


過去のトラウマや呪いみたいな経験も含めて

それを私の強みとして輝かせていく。


そのために必要なのは

「心」は自分で作っていると自覚して

生きることに「意識的」であること。



ブランディングはやっぱりヨガでしかなかった。


今回、想像以上にたくさんの方が集まってくれて

15名の方々とともに歩んだ、魂と繋がり、私の仕事を作り出す旅。


皆さんの姿から、

世界は完全に調和の方に向かっているんだな、と静かに実感。


勇気を振り絞ってやったブランディングだけど

思いのほか好評で、またぜひ開催したいなーと思い始めている。


今回参加したけれど、ちょっと早すぎたなという方も是非また一緒にチャレンジしよう!




コース自体は終わったけれど、

それを噛み砕いて形にする作業は続いている。

なんだか本当にポジティブなエネルギーで

静かに着実に進んでる。


直感でたどり着いてくださった方々

私を信じてくれて、

そして自分自身を信じてくれてありがとう✨

0コメント

  • 1000 / 1000