sonzai に向けて①

12/3 南城市シュガーホールで行われる公演に向けて

撮影や打ち合わせ、音合わせ、ミーティングなどを積み重ねています。


みんなに会える時間は毎回とても幸せな時間で

その度に、なんて幸せな機会に恵まれたんだろうととろけている・・・。


私にとってなぜか沖縄に来て繋がった、

突然の機会。


奄美から帰ってきて、

本格的に沖縄で過ごすようになったのは8月後半からだから

まだたったの2ヶ月なのだけれど、

その2ヶ月の間に移住を決めて

住むところが決まって・・・

なんだか台風の如く出演が決まったこの舞台。


私が私のあたりまえに帰ってきて

私の役割に戻ってきている。


そのガイドになってくれているのがhalcony.


「配置換え」

そんな言葉も方々で聞くくらい

この宇宙のピピピーって流れで

必要な人が必要な場所へ動かされている時期らしい。


halconyは宇宙のピピピーのもと

私に繋がって指令を出してくれてる。


そんな感覚がある。


10/20 のチケットオープンに向けて

なんで私が突然、

このsonzaiに関わることになったかのお話をしていきたいなと思います。




まずhalconyとの出会いから。

あれは6年前くらい?

チャクラワークというヨガのTTCに参加したときのこと。


「久しぶりに会いたい友達(チャクラン堂)と、会いたい人(Aki-ra sunrise)がTTCに関わっているから」

という単純な理由で参加を決めた、

沖縄でのヨガの滞在合宿。

彼らが関わっていなかったら絶対参加していなかっただろうなー!

けど、TTCは受けない主義の私が
未来の繋がりのためにと直感で参加したTTC。


遊ぶ気満々で参加してた私にとって一番印象的だったのが

実はhalconyの登場シーン。


ちょっとした空き時間に

「沖縄在住のシンガーの方が遊びに来てくれていますー」

紹介されて突然やってきて、

「ヤドカリの夢」を歌って「ヤドカリ音頭」みたいなのをみんなに踊らせて(笑!!)

「それでは時間なのでさようならー!!」と竜巻のように帰っていった可愛いシンガー。


「意味がわからないけれど楽しい時間だった」

「歌うまかった」「もっと仲良くなりたかった」

そんな思いだけを残して消えていったハルコニー。


それからfacebookで繋がって、

多分お互いに気になって観察し合っていた私たち!!


だけどまぁ、沖縄と新潟だもの。

そんなに滅多に会うこともなく。


妊娠中に参加した京都での

ドゥルパドの合宿で一緒になったらしいのだけれど

私は記憶になく。。。


そんなこんなで、5年、6年という時間が流れていったのですね・・・・・。


そして、6年経って驚きべきことが起こったわけです。


この続きはまた次の機会に*



*528Hzのヒーリングボイス

*周波数に働きかけるシンギングリン

*ハートを開くチェロ

*瞑想的ダンスによる    

覚醒舞台「sonzai」


五感全てに働きかける体験は

あなたの中に眠っているナニカを呼び覚ます。


小さな子どもにも体験してもらいたい夢の世界。

0コメント

  • 1000 / 1000