場開きライブのこと

まずはお写真を。
無いのは舞台の写真だけ。
10/30 Aki-ra sunrise Lata場開きライブ
無事に終了しました!

1日で述べ50人以上の方が家にいらしていたようで。
ごはん、スタッフ入れると35人分、作っていたようで。

差し入れご飯してくれた方、
おやつ焼いて来てくれた方、
洗い物をしてくれた方、
受付してくれた方、ご飯を出すのを手伝ってくれた方。

もうたくさんのありがとうでいっぱいでした。

思えば、2014年、新潟市東区に手作りで
ロケットストーブやロケットオーブンのあるヴィーガンカフェを作り、
工場にアートスペースを作り、
マルシェイベントを開催したり
海外から講師を招いてコンテンポラリーダンスワークショップを開催したり
コミュニティダンスのイベントを企画したり、
助成金などでサポートしていただきながらイベントを作りまくった2年間。

突然、その場所を出なければならなくなり、
全てを解体して手放して、
まずは自分たちの暮らすための家を探し
五泉市に移住し
6畳の部屋に薪ストーブを設置して
薪を集めて寝袋寝て、火を焚いて調理して
ピーピー泣きながら暮らしていたあの頃から4年。

また一から始めた場所作り。
やっとこうやって納得いく形になりはじめました。

私たち雑草の魂はこの数年の出来事のおかげで磨かれて
前よりも強くしなやかになった。

何があっても大丈夫な強さと、大きさを手に入れられたきがする。

蓮という仲間が増えて
日々のクリエーションは大変さも増えたし速度も遅くなったけどけれど
2人で協力して、分かち合って、その分やっぱりまた大きくなった。

それで迎えた10/30。
私たちの小さなスペースのオープンライブ。

特別な特別な日に、
足を運んでくれた人たちは
きっと私たちにとって本当に大切な繋がりのある人達。
初めてあった人すらも
なんだか家族のように繋がりあって
ずっと前からの仲間のような不思議な感覚があった。

私たちの全てを見て受け入れて、支えてくれた皆さん。
私たちが好きなものを一緒に楽しんでくれた皆さん。

そういうことが本当に嬉しくて。
ずっとやりたかったけど、五泉に来てからできていなかったことが
久しぶりにできたことが嬉しくて。

なんだか水を得た魚のようにピチピチしています。

夫婦ともども全力を注ぎすぎて、
しばらくご飯作りたく無いとか(実際問題手が傷だらけで水の触れたくないとか。)
もう家のことなんにもしたくないとか、
アキーラにもう会いたいとか、
ちょっと放心状態のところがありますが
実はまだ完成していないサンテラス。(サンルームというらしいですが。笑)
ちょっとゆるゆるやっていこうかな。

壁も作らなきゃだし。
土も運ばなきゃだし。
外の漆喰もやらねばだし。
あ!レイキコースも始まるー。

セルフビルドクラブの部員も着実に増えているので
ちょっとは楽にできそうです。

これから益々楽しい場所に。
みんなが本来の自分らしさを取り戻して
地球に豊かさを循環していける場所に。

楽しみながらしていきます。

と、いろいろ始まったばかりの我が家ですが
どうぞよろしくお願いします。


0コメント

  • 1000 / 1000