満月が近い時のヨガ

満月が近いとカラダが重くなりがちです。

私は大体、満月で生理がきて、

お月様がしぼんでいくのと同時に新月に向かって空っぽになります。

満月後1週間できて、新月にぴったり終わるというパターンもあります。


体のリズムと月のリズムのピッタリ感にはいつも驚かされます。


いつもはこの重さを無視して、そのままにしてしまうのですが

今は朝みなさんとヨガクラスをやっているので

そこで調整することができるので本当にありがたい。


4月は朝のヨガクラスも始まったばかりだったので

まずはみなさんが流れをつかむことに意識を向けて

太陽礼拝は少し長め、

情報量を多すぎないようにやっていました。


立夏に向けて、全体の流れをスムーズにするように

全身のエネルギーの流れをうまくコーディネートして活性化する流れで

クラスを組んでいましたが、


立夏を迎えた昨日から

明らかに流れが変わったので

第三チャクラを活性化する動きをいつもよりも取り入れました。


立夏を迎えただけに、

自分の中の火のエネルギーを活性化して仲良くなると

これからの時期、動きやすいと思います。


なんだか最近ぼやーっとして動きが悪かった私も

今日は家の中でルンルンと走り回っています。笑

家の中でついつい踊りだしたり走りだしちゃうくらいげんきでいたいものです。


また満月が近く、カラダが溜め込んでいる時期に

第三チャクラを活性化すると

取り入れたエネルギーの消化と排出を促すことができるので本当にスッキリします。

アパナヴァユが元気に動き出すんだな。


今、8:30頃。

ゆっくりとエネルギーが立ち上ってきて

あきらかに目の奥がスッキリしているのを感じます。

第三チャクラの活性化は腎にも効いたみたい。


おかげで私はずっと氣になっていた、お腹と腰の詰まりがスッキリなくなりました。

貯めとくと腰痛の原因になる、あのツマリ感です。

(溜め込まないことが腰痛にならないコツだなぁとも感じます。)



:::::::::::::




::::::::::::::::::::::::




毎朝同じ時間にクラスをやるようになってから

今までよりも細かく自分自身の身体を暦の関係を見つめることができています。


こんなにも二十四節にピッタリ寄り添って

カラダの感覚が細かく変化しているとは。


朝のクラスも、4月に始めた頃は5:30なんて真っ暗だったのですが、

5月となった今はもう明るすぎるくらいです。

目が覚める時間もどんどん早くなってきています。笑



・・・と、これからはこんな風に

私が観たものを

アーユルヴェーダ、陰陽五行論の「モノサシ」に置き換えて

言葉にするという作業をやっていこうと思います。



そうすることで、言葉にできない「エネルギーを動かす」っていう基準でやっていた

私のヘンテコな謎のクラスの真意が伝わるのかなぁと。





私たちのカラダと感覚、


愛情込めて育てて行きましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000