最近のこと。

7月21日の新月から3ヶ月に渡るヨガ的暮らしはじめるコースが始まりました。


総勢20名。

ロサンゼルス、スリランカ、長野、九州、東京、京都、大阪、沖縄、新潟。

この地球の様々なところからアクセスしていただいて始まったコース。


現役のヨガインストラクターさんもいる中、

毎日のアサナとプラナヤマ、繰り返し繰り返し、みっちりの練習。


そして25日の土曜日には初めてのヨガ哲学の授業がスタートしました。


かなり丁寧に、

「この時代におけるヤマニヤマってどういうことなんだろう」という考察から始まって、

じゃぁ、具体的に生活をどんな風にしていくといいんだろうというところを

かなりかなり具体的にやっていきました。


我ながら、本当に本当に丁寧に。

特に私がつまづいたところを掘り下げて

みんなが迷子にならずに安全になるべく早くたどり着ける道を提示する授業でした。


こんな親切な授業ってないのではないでしょうか?笑


哲学授業が終わったあたりから

参加してくださった方々からのメッセージや質問、感想など、

嬉しい嬉しい反響をたくさんいただいています。


そしてすでに意識に大きな変化が起こり、生活の細かなところの設定が

どんどん変わって、アップデートされてきているようです。


メッセージをくださる皆さんをみていて思うのは

変われない言い訳を探さなくなったんだろうなーということ。


「本当はこうするのがいいに違いない。」と思っていても

優先事項から外して、なんとなーく続けてきたことを

授業がきっかけで優先させる理由が見つかって、

他の言い訳を探す必要がなくなったんだろうなーと。


やり方さえ間違わなければ、

「集団で学ぶ」ということは、こんな風にパワフルで効果的。

「修行」というやつも本当に楽しくできる。

皆さんを眺めながら、私はそれを改めて見つめているところです。


この授業をたっくさーんやって

アウェアネスを持ってこの地球や自分自身と向かい合う人が増えていったら

この地球はどんどん、皆にとって優しい場所になっていくだろうな。


そんな風に思ったら、嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。



参加してくださっているみんなみんな本当にありがとう!


ヨガを教えることとか、身体的テクニックとして練習することが目的ではなく


「本当にヨガを暮らしに取り入れて、エネルギー的変容を起こすこと」


に集中したこのコース。

だからこそたくさんの練習と実践が必要。




お米のこと、お水のこと、油のこと、お家のこと、家畜のこと、

家庭科や社会の授業のようなことをたくさんやりました。


ヤマニヤマは私にとって、花嫁修行や、お母さんになるためのお勉強みたいな感覚。


女の人は魔法使いだから、意識のチカラを使いこなして

家族にも自分にもどんな魔法でもかけられる。


ヨガは意識のチカラで人生を切り開く魔法。


魔法のコツは一歩一歩、一瞬一瞬を着実に積み重ねること。

だから自信を持って、変化を恐れずに、一歩一歩進めるようになる。

氣がついた時には全然違うところにいる自分に驚く。


コースはまだ始まったばかり。


これから一歩一歩、しつこくこの3ヶ月を積み重ねていきましょう。



***************************



ということで、ヤマニヤマのためのシェアリングのために

我が家のベジごはんをBreathing art.のインスタでシェアし始めました。

本当に大したことのないごはんですが

大したことないからこそ、取り入れやすいといいな。


インスタグラムアカウント BreathingArt.gosen



そんな流れで、

我が家のゆるいyoutubeチャンネルも登録よろしくお願いします。


0コメント

  • 1000 / 1000