ぐるりの森のこと。

実はちょっと急いでいるのですが

これだけはなるべく早く、ちゃんと記録しておこうと思うので。

ぐるりの森のこと。

先週の土日は、いつも出店させていただいているおひさま日曜市に声をかけていただき

急遽、ぐるりの森の循環マーケットに出店させていただきました。


この森に初めて出会ったのは4年前くらいだったかと思います。

最初に行ったのはまだ木のブランコがあるだけのとき。

そこから一年くらい経ってすっごく呼ばれている感じがして

夫を無理やり連れて行ってみたら、ツリーハウスやモバイルハウスができていて

夢のような空間が出来上がっているのに驚きました。


これを作った人に会いたいと、何度か通ったけれどなかなか会えず、

蓮を産んで、しばらく落ち着いた頃に森に足を運び、

やっと棟梁(以下、キャプテン。)に会えました。


その時も質問攻めにしてしまったような気がするのですが、

今回もやっぱり質問が次から次へと湧いてくるので

質問攻めにしてしまいました。

ごめんなさい、キャプテン。


キャプテンがどんな思いで、どんな感性でこの森を作っているか。

私たちの知らないセンスを使ってやっていることは間違いないので

それを知りたい、吸収したい、触れたい!!

あそこにいると、どんどんそんな気持ちが湧いてきます。


やっぱり大好きキャプテン。


まさに私たちのグルジ。

エッセンスの塊。


**********************


ところで、この循環マーケット。

素敵な取り組みがありました。


子どもたちが薪割りをしたり、お仕事を手伝うと

そこで木で作ったコインがもらえて、

そのコインでお買い物ができるという仕組み。


出店のお店も必ず、そのコインに対応できるメニューを用意して

子どもたちに提供するという仕組み。


私たちはジャグリング教室っていうのを提供のメニューに入れましたが

あまりにできるまでに時間がかかりすぎるので

あんまりたくさんはできませんでした。(涙)


それよりお金を寄付することやまわすことに専念しようということで

森のプロジェクトに寄付をすることでコインをもらったり

接客が無い時間は、個人のお店でなるべく使うようにして過ごしました。


蓮もノコギリで薪を切るお手伝いをしてコインを稼ぎ、

お迎えの川崎農園さんのところでコインを使って

(お子さんが自分の使わなくなったおもちゃや本を売るお店を開いていました。)

自分の好きなおもちゃや絵本を自分で選んで買いました。

全て注ぎ込んでいました。笑

私がいなくて、1人でコインを持って行って買い物していることもあったそう。。。笑


普段は蓮の欲しがるおもちゃを買ってあげることはないので

自分で選んで買ったおもちゃや本は格別。

ずーっと大事に嬉しそうに握りしめていました。


お家に帰ってきてからも

ずーっとそのおもちゃで遊んでいます。


手に入れるまでのプロセスも含めて嬉しかったんだろうなぁと。

これぞ、社会経験。


これは子どもにとって、本当に大切な体験になったと思います。

その体験の中で、いろんな表情を見せる彼を見れたことがまた喜びでした。


そして、いつも思うのだけれど、

おひにちチームの子どもたちのたくましさと賢さ!!!


本当にみんなクリエイティブで商売上手!!

日頃から、どうやってマーケットを運営していくか、

愛を持って運営しているお父さんやお母さん、素敵なオトナたちを見ているから

自然と「商売」という表現ができる。


そしてすんごい儲かっている!!笑

ビジネスセミナーなんていらないんだなー。笑

商売上手は感性の中で育まれる。


商売って一つのアートなんだ。

子どもたちを見ていて思いました。


楽しんで、自分の中の喜びをシェアする。

喜びの中でシェアする。

誰も無理をしていない。


それこそが目指すところ。

子どもを見ていると、

どんどん忘れていたセンスが思い出されて賢くなれる気がします。


お互いがお互いのことを思いやって

その上で自然に何かが循環している。


それを当たり前に体験して、

自然に体現できることの素晴らしさ。

このコミュニティで育っていく子ども達の未来が本当に楽しみです。



0コメント

  • 1000 / 1000