暮らしは学校

暮らしは学校。
暮らしの中、触れるコミュニティの中で人は学んでいく。


人が変わることで、そこから世界は変わっていく。


そして改めて、私たちお父さん、お母さん、ひとりひとりが
自分の子どもとしっかりと向き合って、
日々、どんな環境を提供するか、どんな世界を見せてあげるか
その一瞬一瞬の選択を大切にしていくことが
学校の教育より、幼稚園で学ぶことより、

家庭やコミュニティでの学びが何より大切なんだと思いました。


そのために頑張ったり、頑張りすぎたり、無理をするのではなく
私たちがまず、
私たち自身にフォーカスをしケアをし、
自分自身を整えることに時間を使えるようにしていくこと。


それだけで全てが変わっていく。


そんな観点から、お父さんお母さんになる人に向けて

ヨガを通した生き方をシェアしていきたいなと。

そんなことも改めて。


自分自身のバランスを整えて、

パートナーや家族、一番身近な人たちの幸せを作り出すところから

世界平和は実現していく。


そのプロセスを大切に。



嫌になることもあるし、イライラすることもあるけれど

そのイライラの中に自分の何を見るか。


そこと向き合うことで、自分自身が変わっていけたらなと思う。


だからやっぱり子育てって自分育て。


私は仕事もしているので、保育園に預けるということもちらっと考えたこともありました。

だけれど、こどものためにというよりは自分のために

あえて子どもと一緒に仕事をするというやり方を作り上げていきました。


近所に親戚などがいないこともあり、

この3年間、楽ではなかったけれど、想像以上の学びと成長があったし

感性が豊かで安定している今のこどもの様子を見ていても、

どんなときもずーっと一緒に過ごしてきてよかったなと

あれだけのエネルギーを注いできたことは無駄になっていないなと思います。


子育て期という大切な人生の学びの期間を

存分に味わい体験する自分でありたいと心から思います。


今、子育てが大変だーというお母さん、

自分が変わることで、子育ては楽しくなるし

子どもも変わるし、家族全体の幸福度が上がっていきます。


大変だと感じるのであればあるほど

自分自身にフォーカスして見てください。


今日も

私たちの日々の営み、
子どもと向き合う時間の一瞬一瞬が
純粋なところに向けられていますように。

0コメント

  • 1000 / 1000